看護師と結婚について

女性の看護師に限定された話ではありますが、他の職業に就いている女性と比較すると、結婚している人が少ないようです。つまり、未婚率が高いということになります。

これは、全国的な統計であり、女性の看護師は結婚できないということではありませんが、結婚しづらい職場環境であるとは言えそうです。医療機関では、多くの男性も働いていますが、それは比較的規模が大きな病院などに限ります。

中小規模の病院や医療機関となると、男性の数が大きく減少してしまうことが多々あるようです。これでは、結婚したくても、なかなか出会うことができません。 職場結婚が嫌だということであれば、職場の外で相手を見つけることもできますが、看護師の仕事は多忙ですので、すれ違いなどが多く、結婚までなかなか辿りつかないというケースが多いようです。

自ら出会いの場へ出向かなければ、なかなか知り合うことはできませんので、行動するしか方法はありません。そこで、多くの現役女性看護師が選択している道として、転職があります。

出会いの為に転職するのは気が引けるという人もいますし、職場で結婚相手を探すなんて不謹慎だと考える人もいるでしょう。しかし、口には出さないだけで、キャリアアップや仕事ばかりではなく、結婚を優先することはあるといえます。

とはいえ、いざ転職するといっても、転職先の男女の比率は前もって分かるものではありません。元々知っている医療機関や病院であったり、すでに知り合いが働いているということであれば、大体分かるものですが、なかなかそうはいかないでしょう。

そのような時は、看護師の求人を専門的に扱っている、転職サイトを活用することをおすすめします。自ら転職先を探すよりも、詳しい情報がすぐに手に入るだけではなく、職場の男女比率もすぐに分かります。

実際に、求人情報に記載されているわけではありませんが、最近の看護師専用の転職サイトには、必ずといって良いほどコンサルタントが在籍しています。転職先の職場の雰囲気と併せて、男女の比率や人間関係などを教えてもらえることでしょう。

ページの先頭へ