准看護師のメリット・デメリットとは

准看護師はとかく正看護師と比較され、「給与が低い」「待遇が異なる」といったマイナスイメージを持たれがちです。 確かに、准看護師は正看護師と比べれば、給与や待遇面で低く評価されたり、役職がつかなかったりと、様々な面で一歩引くところが見られます。

しかし、比較対象を正看護師から外してみれば、准看護師は決してデメリットの多い職業ではありません。

確かに、准看護師の給与は正看護師よりも低い水準に抑えられていることがほとんどですが、他の職業と比べて准看護師の年収が低いかというと、決してそんなことはありません。 准看護師の平均年収は、同世代の一般企業に働く女性の平均年収を上回りますし、免許取得後、一カ所の職場で勤続年数を積み重ねれば、最終的に年収500万円以上を確保することも可能です。

看護師の世界は、確かに正看護師と准看護師の違いが明確にありますが、それと同時に実力社会でもあります。正看護師でも仕事に対する姿勢が甘く、職場を転々とするような方の場合、給与も年収も上がらないまま退職を迎えることもありますし、准看護師でも仕事に真摯に向かっていれば、一般的な正看護師よりも高収入を得ることが可能なのです。

自分の努力次第で収入を上げることができ、安定した仕事を確保できる。 これが准看護師の持つ大きなメリットだと言えるでしょう。 では、准看護師の持つデメリットにはどういったものがあるのでしょうか?

一つは、自分の判断で自由な行動や活動が行えないというものがあります。 准看護師は、医師や看護師をサポートするという立場にあるため、行動の際には医師や正看護師の支持が必要となります。 これは緊急時であっても例外でなく、いかなる時も単独での行動は許されません。このことに強いもどかしさや理不尽さを感じることも少なくないでしょう。

また、准看護師の場合、どれだけ実力があり、勤務年数を重ねた方でも、まず役職を任せられることはありません。 自分の頑張りや実績が役職という形で報われないという事は、長年看護師として働いていく上で、一つのハードルとなるケースも少なくないと言われています。

ページの先頭へ