残業や夜勤の少ない職場へ転職するには

近年、国内の看護師不足は社会問題とまで言われており、看護師の方の労働環境は過酷を極めています。

この数年、看護師の拘束時間を少しでも短くできるようにと、日本看護協会も様々な指針やガイドラインを出してはいますが、実際の医療の現場では人員不足を「個人個人の労働負担を増やす」という形で解消しようと躍起になっており、余裕の全くない拘束時間が緩和される見通しは立っていません。

そういった背景があり、残業や夜勤・休日出勤などで心身共に疲労のピークに達し、転職することで労働環境を変えたいと考える看護師の方も非常に増えてきています。

特に、最近は病院経営も苦しい所が多く、当たり前のようにサービス残業を課すところも増えてきているため、転職を希望する看護師の増加に拍車がかかっているというのが現状です。 では、看護師が残業や夜勤の少ない職場へ転職したいと希望する場合、どんな点に気をつけて転職活動を行えば良いのでしょうか?

まず、押さえておきたいポイントは「残業や夜勤の少ない職場は意外に多く存在する」ということです。 この数年、看護師の働き方は幅が広がり、派遣やパートといった時間単位・期間単位で勤務する方も増えてきました。 そのため、パートや派遣の看護師が活躍する病院や医療施設の場合、正社員看護師の時間的負担が緩和され、残業や夜勤が適正な範囲に収まっていることが多くなっています。

こういった病院をピックアップして就職活動を行うことができれば、比較的にスムーズに自分の希望にあった職場に転職することが可能となります。 では、パートや派遣看護師が活躍する病院、残業や夜勤が少ない職場の求人情報を効率よく探すにはどうすれば良いのでしょうか?

その答えは「看護師転職サイトの活用」にあります。 看護師転職サイトでは「残業・夜勤少なめ」といった検索ワードで求人を振り分けることができますので、数多く存在する看護師求人の中から、自分の求める案件を効率よく探し出すことができます。

また、看護師転職サイトに登録を行うと、プロのキャリアアドバイザーなどの担当がつくことがほとんどです。 このアドバイザーに、残業や当直が少なめの求人をピックアップしてもらい、自分のスキルや経験に合った求人を提示してもらうことなども可能ですので、是非利用してみると良いでしょう。

ページの先頭へ