看護師求人サイトの活用で抑えたいポイント



1つの職場で長く働く日勤常勤看護師もいますが、どちらかというと人数は少ないといえます。なぜなら、まだ女性の看護師が多いため、結婚や出産、育児のために現場を数年離れるケースが多く、複数の職場を点々とする人の方が多いからです。

看護師は、あらゆる医療機関で人手不足ということもあって、常に何らかの看護師求人が見つかりやすい職業ではあります。そいういった意味では、比較的転職しやすい職業だとえいるでしょう。 しかし、自分の希望に合った職場が、すぐに見つかるかという話になると、それはまた別の話です。そこで、看護師が転職する際に抑えたい、3つのポイントについてご紹介していくことにしましょう。

まず1つ目は、待遇面で絶対に譲れない条件を明確にしておくということです。全ての希望を叶えることは難しいとしても、例えば、勤務時間や休日、夜勤の有無など、どうしても譲ることができない条件は、誰にでも存在するものです。

一方、絶対ではないけれど、できれば叶えたいと考えている条件も存在するといえます。そのため、いざ転職を考えた場合は、これらの条件を明確に書き出しておいた方が良いのです。 その方が、希望に沿った仕事が探しやすくなるだけではなく、仕事を探す手間も省くことができるでしょう。

2つ目は、辞めるタイミングを考えておくということです。多くの人は、ボーナスの後などに退職を希望することから、勤務先としては急激な人手不足に陥ることがあるといえます。

そのため、できるだけボーナスの時期は退職せず、年度替りを目掛けて退職するようにすると辞めやすいでしょう。とはいえ、それじゃなくても人手不足ですので、退職が延期になったり、引き止められることはあります。 そのたびに、気持ちが揺らがないためにも、なぜ辞めるのかを明確にしておく必要があるでしょう。

最後の3つ目は、ある程度の期間を設けて、転職先を探すということです。なかなか希望に沿った条件の仕事が見つからないと、かなり妥協をして仕事を決めてしまいがちです。 しかし、あまりにも妥協をしてしまうと、様々な不満が出てくることから仕事が長続きしません。そのため、最低でも3ヶ月から6ヶ月間掛けて、仕事を探すようにしましょう。
佐賀県薬剤師会

看護師の転職期間について

看護師の転職期間は、最も短くても約2週間は必要となり、自分の理想に適うような転職先を見つけるために情報収集をする事を考えれば、一般的に1~3ヶ月程度の時間を要する事となるでしょう。

ただし、この数ヶ月を要する条件としては、希望する転職先が病院もしくは介護施設で、加えて看護師を積極的に受け入れている場合に限ります。それ以外の場合、例えば一般企業において企業看護師として働きたいと希望する場合、企業側での受け入れ態勢が整っていない事(過去に採用経験があまりないなど)なども原因して、人材の精査に時間を要する場合が多いので、実際に採用するまでに2・3ヶ月の期間が掛かる場合もあります。

さらに、転職情報の収集に掛かる時間も加算すると、半年以上掛かる事も十分に考えられうる事です。看護師の転職でよくあるのが、看護師を続けたまま転職活動を行い、気持ちばかりが焦ってしまい、転職先を十分に精査しないまま決定してしまう事です。

この様な場合、めでたく転職できたとしても入職後に職場の現実を目の当たりにして、結果的に前の職場の方が良かったなどと後悔してしまいます。この様な事態に陥らない為にも、転職活動をするときには、粘り強く気長に、こつこつと行う事が必要なので、転職活動に掛かる時間を確保する為にも一旦退職して転職活動に望むほうが賢明だといえるでしょう。

しかしながら、看護師を続けながら転職活動を行う事は、経済的にみても自分のキャリアからみても空白期間がなくせるので、利点が大きいのも事実です。そういった時に役立つのが、看護師専門の求人サイトです。自分の希望する条件によって選択肢を絞って紹介をしてくれるので、転職先の精査が十分に行えます。

加えて、利用するサイトによっては、転職活動のスケジュール管理も細かく行ってくれるので、転職活動がスムーズに行えます。いずれにせよ、看護師の転職では十分に腰を据えた態度が求められるので、転職活動を行う際には情報収集やその様なサイトをフルに活用して転職活動を行うようにしましょう。

辞めるにしても円満退職が理想的

やむを得ず看護師を辞める場合には、どういった理由であっても円満退職が理想的です。退職を決意した後は、一般的には退職日の2週間前に自分の上司に申し出ますが、勤務している病院によっては就業規則などによって独自に時期を決められている場合があるので、事前に確認しておくといいでしょう。

また、現実的に考えて退職届を提出後に直ぐに辞めてしまうと以後の業務に支障も出るので、引継ぎなども考えて2ヶ月前には上司に申し出ておいた方が無難です。この時、退職の申し出はあくまでも直属の上司だけに行うようにし、その上司を超えて退職を願い出る事はやめておいた方が賢明です。

なぜならば、こういった行為はトラブルを招く結果となり易いからです。また、正式に退職が決定するまでは、同僚や先輩など周囲に話すような事も控えておくといいでしょう。

看護師を辞める理由は様々でしょうが、退職理由として用意しておきたいのは、『前向きな退職理由』を準備しておく事をお勧めします。なぜならば、退職を直属の上司に申し込んだ後は、『上司面談』が行われ、直属の上司からその上司へと次々に面談を行うからです。

この時、職場環境や給与面の不満を漏らすと、改善策を持ち出され退職の妨げになるからです。また、そういった改善策を持ち出さないとしても、職場への不満は円満退職の妨げになってトラブルを招きかねません。

ただ、ウツ病など心的、体力的に継続が困難な場合は、正直に打ち明けておくと今後の展開もスムーズになるので話しておくといいでしょう。退職の申し出が終った後は具体的な退職日を調節していきます。

有給休暇や業務の引継ぎも考えて決定しますが、早くても申し出から1ヶ月以上先になると考えましょう。ただ、ボーナスなどの時期に退職する場合には、トラブルを回避する為にもボーナスは諦める事も肝心です。

あくまでも円満退職となるように行動することが重要なので、多少の損がでることはやむをえない事だと心得ましょう。

ページの先頭へ